即効性を得たい時に!子供におすすめの便秘解消法

即効性を得たい時におすすめの子供の便秘解消法をチェック!

即効性を得たい時にどのような便秘解消法を試せば良いのか疑問を抱えている親御さんは多いかもしれません。

 

便秘は子供にとって切実な問題なので、以下のような方法を組み合わせて行うのがおすすめです。

 

食生活を見直す

即効で改善されるかどうかは子供の体質によって異なるものの、食生活の見直しは便秘の解消の基本となっています。

 

  • 豆類や野菜類など食物繊維が取れるメニューを心掛ける
  • 腸を活性化するために朝食をきちんと与える
  • 子供が大好きなヨーグルトやバナナといった果物をおやつとして与える

 

このようにレシピや食生活の送り方に気を配ることで便秘で悩まされにくい体質の維持に繋がるのです。

 

特に朝食を食べさせるのは効果的で、体内に残っている邪魔な便を排出させようとする反射反応が起こります。

 

食物繊維が多い野菜の入った味噌汁や発酵食品の納豆が適していますが、子供の体質によっては即効性が得られないこともあるので同時に健康食品を利用してみましょう。

 

当サイトでは整腸作用が期待できるオリゴ糖をたっぷりと含むオリゴのおかげをご紹介しているので、毎日の生活の中に取り入れてみてください。

 

 

運動で腸を活発にする

「子供は元気に外で遊んでいる」というイメージがあり、運動不足で悩まされている大人とは違います。

 

しかし、現在ではテレビゲームの発達によって一昔前よりも外で遊ぶ機会が減りました。

 

その影響で腸が適度に刺激されず、便秘で悩む子供の数が増加しているので運動で身体を動かす習慣を身に付けさせましょう。

 

  • ウォーキングやジョギングなど酸素を体内に取り入れながら行う有酸素運動
  • お腹を左右に捻って刺激するエクササイズ
  • お腹付近をグルグルと刺激する「の」の字マッサージ

 

このような方法が便秘の解消として適しており、大人も子供も運動不足には十分に注意してください。

 

トイレの時間を確保する

定期的な排泄の習慣をつけるのは子供の便秘を解消するに当たって欠かせないポイントで、トイレの時間をきちんと確保する必要があります。

 

大人であれば特に気にしなくても、子供の場合は「学校でウンチをしたくない」「出したい時に出せない」と悩むことが意外と多いのです。

 

  1. 精神的なストレスを感じている
  2. 自律神経のバランスが乱れる
  3. 交感神経が活発になって胃腸の動きが乱れる
  4. 便秘と下痢が交互に繰り返される

 

上記のように便秘とストレスには密接な関係性があるので、「朝食を食べた後にトイレへと行く」と子供に教えて排便のリズムを作ってみてください。