即効性のある食べ物は?ヨーグルトによる便秘の解消法

ヨーグルトを食べて便秘を解消できる?

便秘の解消に適した代表的な食べ物がヨーグルトで、日本では何と7,500種類もの製品が販売されています。

 

なぜヨーグルトを食べると良いのか理由を見ていきましょう。

 

  • 腸内の善玉菌を増やして整腸作用が期待できる
  • 水分が十分に体内へと補給されるので便が硬くなるのを防ぐ
  • プロバイオティクス製品であれば生きたまま乳酸菌を腸に届けられる

 

身体にとって嬉しい作用が期待できる善玉菌を増やせるのがヨーグルトを食べる最大のメリットです。

 

  • 悪玉菌と善玉菌のバランスを整えて便秘を解消する
  • 免疫機能を高めて風邪を引きにくい体質を維持する
  • 異物が侵入しにくい状態を作ってアレルギー症状を予防する
  • 肌のバリア機能を高めてアンチエイジング効果を得られる

 

上記のように、美容と健康の両方を促してくれる優れた食べ物で、コンビニやスーパーで簡単に入手できるのもメリットの一つかもしれません。

 

どんな種類のヨーグルトが良い?

便秘を解消するに当たり、食べるヨーグルトの種類にも気を配る必要があります。

 

どの製品にも乳酸菌やビフィズス菌が豊富に含まれていますが、プロバイオティクス製品が特におすすめです。

 

高い整腸作用が得られる成分が含まれていても、胃酸で死滅してしまっては意味がありません。

 

プロバイオティクス製品であれば生命力が強い乳酸菌が含まれており、継続的な摂取で不規則な生活習慣で乱れた腸内を整えられるのです。

 

  • おなかへGG!
  • 明治ブルガリアヨーグルト
  • 森永乳業ビヒダス

 

これらのヨーグルトが便秘の解消に適しているので、お近くのコンビニやスーパーで探してみてください。

 

効果的な摂取量はどのくらい?即効性はある?

便秘を解消するに当たって効果的なヨーグルトの摂取量は、1日に100g程度だと考えられています。

 

100gを食べても200gを食べてもあまり違いはなく、即効性のある方法ではないので量に比例した効果が得られるわけではありません。

 

むしろヨーグルトの過剰摂取によって下痢を患う危険性もあり、毎日継続して焦らずに対処していくのが大事です。

 

また、全ての人にとって適した解消法というわけではなく、ヨーグルトの中に含まれている乳糖を分解する酵素を持たない人が食べるとお腹を壊してしまいます。

 

多くの日本人が乳糖不耐症で悩まされているので、ヨーグルトを食べられない方には当サイトでご紹介しているサプリメントのオリゴのおかげがおすすめです。

 

  • 市販されているヨーグルト⇒ビフィズス菌を外部から摂取する
  • オリゴのおかげ⇒オリゴ糖の力でビフィズス菌を元から増やす

 

上記のように作用の仕方が異なり、オリゴのおかげは数あるオリゴ糖食品の中でも売り上げナンバーワンの人気を得ているので一度試してみてください。